エレファントカシマシ宮本浩次の母親はいつ死亡?父親は?兄弟は札幌在住?

Pocket

今回は、2017年にデビュー30周年を迎えた大人気ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル・ギターを務める宮本浩次さんについてご紹介します!

簡単なプロフィールから家族構成についてじっくりと覗いていきましょう。

エレカシ 宮本浩次のプロフィール

では、まずはじめに宮本さんの簡単なプロフィールと経歴についてご紹介していきます。

名前 宮本浩次(みやもとひろじ)

愛称 みやじ・ひろじ・先生

生年月日 1966年6月12日

年齢 52歳(2018年時点)

血液型 O型

出身地 東京都北区赤羽

宮本さんは幼い頃から音楽の世界で生きてきた方です。

小学3年生から5年生まではNHK東京児童合唱団に入団していて、10歳の頃にはNHK「みんなのうた」にて歌手デビューし、なんとデビュー早々10万枚のヒットとなる売上を叩き出したんだとか!

宮本さんが歌った「はじめての僕デス」はYouTubeでも閲覧が可能なので、宮本さんの可愛らしいボーイソプラノをまだご堪能していないという方は是非検索してみて下さいね♪

エレカシとの出会いは中学時代!

中学3年生のとき、石森敏行さん・冨永義之さんが結成したバンドに宮本さんが加入したのが、エレカシの始まり。

1986年、高校時代に高緑成治さんが加入して現在のメンバー構成に。

同年12月にはデビューのきっかけとなったCBS SONY SDオーディションに入賞し、1988年にシングル「デーデ/ポリスター」、アルバム『THE ELEPHANT KASHIMASHI』でデビューを飾りました。

2017年にデビュー30周年を迎えたエレカシ。

メンバーが脱退することなく、ここまで長い期間活動を続けてきたメジャーバンドは極めて稀なのではないでしょうか。

宮本浩次の家族について

30年間不動の人気を誇るエレカシを支えてきた宮本さん。

果たして、子供時代はどのような家庭で育ったのでしょうか?

ここからは宮本さんのご家族についての情報をご紹介していきます。

音楽を好きになるきっかけは母親だった

↑小学生だった頃の宮本さん

宮本さんが音楽と触れ合い、そして大好きになったきっかけを作ってくれたのは彼のお母さんだったそうです。

宮本さんが小学生の頃入団していたNHKの合唱団にに入るのを勧めたのもお母さん。

もしかしたら、この経験がなければエレカシは誕生していなかったかもしれませんね。

しかし、小学校中学年から高学年にかけては少々多感な時期でもあります。

そのため、小学5年生でお母さんに合唱団をやめたいと相談した宮本さんでしたが・・・

「あんたそんなこと言ってるけど、もっともっと大人になった時に、絶対いいことがあると私は思う。

NHKの合唱団に行っててよかったって、絶対に思うと思う。

いつか私に感謝する時が来るわよ」

と、お母さんは宮本さんを一生懸命引き留めようと説得をしたそうですが、大喧嘩の後合唱団を退団することとなってしまいました。

母からは「いつか私に感謝するときがある」と、続けるように説得されるも、反発してケンカに。

「そうしたら母親が必殺技で、『あんたなんか、私から出てきた(生まれた)くせに』って。それ言われちゃおしまい。そういう話じゃない。

女性って(話が)飛躍する。一気に時空を超えて、どうしようもないところからズバッと……」と、言い負かされた思い出を懐かしそうに語った。

お母さんの「もっともっと大人になった時に、絶対いいことがあると私は思う」という予言は見事的中しましたね!

宮本さんもそのことについて「母の予言は当たった」と母の偉大さを改めて痛感したそうです。

そして、宮本さんが中学生の頃にバンドを始めたときも、普通は受験シーズンなので反対するはずなのにお母さんは大喜び。

スポンサードリンク

もしかしたら、お母さんは宮本さんがいずれ音楽で生きていける大物になるということを幼い頃から感じ取っていたのかもしれませんね。

70歳を過ぎてからもエレカシのライブに足を運んでいたお母さんですが「あんたの声うるさいから」と、耳栓を付けてライブ鑑賞をしていたというちょっぴり笑ってしまうエピソードも(笑)

宮本さんのお母さんは文句を言いながらも、いつまでも息子の活躍を応援し続けてくれるとても素敵な方でした。

宮本浩次の母はいつ死去(亡くなる)

しかし残念ながら、宮本さんのお母様は現在既にお亡くなりになっています。

「いつ亡くなったのか」と検索する方が物凄く多かったので調べてみたのですが、2017年の夏前には既にお亡くなりになっていて、はっきりとした日にちについては不明でした。

2017年の年末、NHKのインタビュー番組に出演した際

母親は大事なものなんだっていうか、常に母親への思いとか、そういうものは体にしみついていますよね。

~中略~

(紅白歌合戦の初出場が決まったことについて)

お墓参りぐらい行ったほうがいいんですかね?

いや、行こうかとは思ってるんです。

ご報告というか、まだしていないんで……

と、お母様への思いを語っていたそうです。

幼い頃からお母様からたっぷりの愛情を受けて育った宮本さん。

やはり、母の存在というのは何歳になっても偉大なんですね。

父親はバンド活動を反対していた?

お母様のエピソードがあまりにも強烈であるため、あまりお父さんについて話題に挙がることがありませんが、もちろん宮本さんのお父さんもそれはそれは宮本さんを可愛がっていたそうです。

しかし、バンド活動についてはお母さんとは違いお父さんは大反対だった模様。

先にもご紹介したとおり、宮本さんがバンド活動を始めたのは中学3年生、ちょうど受験シーズン真っ盛りの時期です。

そのためお父さんは、宮本さんがバンド活動に熱中しすぎて受験勉強が疎かになってしまうのでは・・・と心配をしてしていたのかもしれませんね。

現在はもちろん、宮本さんの活動を応援してくれています。

お母さんがご存命だった頃は、夫婦揃ってライブ会場に足を運んでいたんですって♪

大人になってからも両親が応援に駆けつけるのはちょっぴり気恥ずかしいですが、どれだけ宮本さんがご家族に愛されていたのかが分かるエピソードですね。

宮本浩次の兄弟は札幌在住?

↑エレカシがツアーで北海道公演を行ったZepp札幌

また、ご両親だけでなく5歳年の離れた宮本さんのお兄さんも、ライブの際は応援に駆けつけてくれるそう。

毎回札幌でライブがあるときに参加していることから「お兄さんは札幌に住んでいる」という噂があるらしいのですが、もちろんお兄さんは一般人であるためどこに住んでいるのかという情報は一切公開されていません。

↑エレカシがライブを行なったわくわくホリデーホール(札幌市)

北海道は、基本大物アーティストのライブは札幌で開催されることが多いため、もしかしたら札幌ではなく札幌近郊の街にお住まいという可能性もあるかもしれませんね!

「札幌のライブには宮本さんのお兄さんが来る」というのは、どうやらファンの間ではかなり有名な話のようで、お兄さんをひと目見たくて会場に足を運ぶという方もいるそうです(笑)

お兄さんは宮本さんの破天荒な性格とは正反対の、温厚でとても優しい方で、お父さん・お母さんと同じく、年の離れた弟である宮本さんをかなり可愛がっていたみたいですよ。

エレカシ宮本浩次のまとめ

今回は、エレファントカシマシの宮本浩次さんの家族関係ついてご紹介しましたが、いかがでしたか?

最初はご家族に反発して音楽を辞めようと思っていたという意外な過去を知ることが出来たと思います。

今は亡きお母さんの言葉は正しかったですね!

関連記事

「今宵の月のように」や「真夜中のヒーロー」など様々な名曲を世に出しているロックバンド「エレファントカシマシ」!! 今回はそんな...
今回は、2017年にデビュー30周年を迎えた大人気ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル・ギターを務める宮本浩次さんについて...
スポンサードリンク