片岡鶴太郎は黄疸の病気?食事内容&メニューが一食のみでヤバい?ヨガもしてる?

Pocket

「鶴ちゃん」の愛称で親しまれているタレントの片岡鶴太郎さんですが、最近ありえないぐらいに激やせしたことで「病気なの!?」と心配をされているようです。

中には「黄疸が出ている。もしかして癌なんじゃ・・・」という噂も流れているのですが、果たして鶴太郎さんの身に一体何が起きたのでしょうか。

実は、そのことについては鶴太郎さんの「とある生活習慣」が関係しているようなのですが・・・?

片岡鶴太郎が激やせ原因は病気!?

モノマネやお芝居、そして絵画など多方面で活躍し「鶴ちゃん」の愛称で有名な片岡鶴太郎さん。

愛嬌のある笑顔で視聴者を笑顔にしてくれる鶴太郎さんですが、最近病気になったかのような激やせっぷりにお茶の間がどよめいているようです。

そんな激やせした鶴太郎さんの写真がこちら↓

・・・これは確かに「痩せている」を通り越して「筋張っている」とも言える体型ですね。

アキラ100%さんのネタを披露していますが、こんなガリガリな身体だと笑うにも笑えません。

このようにあまりにもこの痩せ方が病的であるため、鶴太郎さんが痩せたのはなにか悪い病気を患ってしまったのが原因なのでは、という噂が流れるようになったのです。

黄疸が出ている?まさかガン!?

また、鶴太郎さんが激やせしたタイミングで「前よりも肌が黄色くなったような・・・」と黄疸を指摘する声も。

こちらの比較画像をご覧頂くと分かると思いますが、左の写真に比べて右の写真の鶴太郎さんの肌が、まるで別人のように血の気が無く、黄味がかっているような気がしますね。

黄疸が心配される病気の代表は「膵臓ガン」、そしてガンといえば激やせするというイメージが非常に強いため、多くの人々は鶴太郎さんがガンを患っていて闘病中なのでは、と心配をしているようです・・・。

病気の噂はデマ!「至って健康」

しかし、この激やせによる「鶴ちゃん病気説」はあくまで噂であり、本人は病気などは一切患っておらず至って超健康体とのこと。

黄疸については、どうやらあの写真は光などの加減が原因だったようで同時期に撮られた他の写真を見てみるときちんと血の通った綺麗な肌の鶴太郎さんばかりでした。

ですが、ここまで激やせしてしまうと、誰もが病気を心配してしまうのは当たり前のことですよね・・・。

ネットでは「ガイコツ」「ミイラ化」なんて言われていますし、痩せてから人相が変わり以前のような眼力も無くなっているような気もします。

果たして、鶴太郎さんが激やせしてしまった真の理由は一体何だったのでしょうか!?

激やせの原因は「ヨガ」だった!

実は、鶴太郎さんが激やせしたのはインドの心身鍛錬法である「ヨガ」にを始めたことがきっかけだったそう。

ヨガにはまるきっかけとなったのが「歳のせいか、セリフ覚えが悪くて困ってるんです」と、先輩俳優の秋野太作さんに相談をしたところ「それなら瞑想するといいよ」と、アドバイスを貰ったそうです。

鶴太郎さんがヨガと出会ったのは2012年。

最初は物忘れ対策として始めた瞑想(ヨガ)でしたが、行う毎にどんどんと体の調子が良くなるため、鶴太郎さんもどんどんヨガの世界へのめり込むように。

その結果がこの激やせした身体というわけです。

鶴太郎がダルシム化していると話題に

「ヨガ」「ガリガリ」ということで、鶴太郎さんの姿からダルシムを連想した方がとても多かったようです。

特に20~30代あたりの世代の方は殆どの方がこの画像を思い浮かべたことでしょう。

鶴太郎さんも、いつか彼のようにヨガを極めて口から火を吹けるようになる日が来るのでしょうか(笑)

鶴ちゃんそっくり?ダルシムとは

ダルシムとは、格闘ゲームである「ストリートファイターシリーズ」に登場するヨガの達人。

※ヨガの神秘的な力で火を吹いたり宙に浮いたりします

「ヨガ」というワード、そして筋張ってやせ細った姿があまりにも鶴太郎さんと酷似していたこともあり、若い世代の方を中心にヨガをする鶴太郎さんの姿が「ダルシムみたい」と言われるようになりました。

現在の体重は何kg?

現在、鶴太郎さんの体重は163㎝の対して44kg、同年代の男性の平均体重よりも20キロ近く痩せており、BMIから考えると「痩せすぎ」に分類されるレベル。

本人が「健康」と言っているのですから心配はないのでしょうが、はたから見ると明らかにやりすぎ感が否めませんよね・・・。

ヨガやピラティスは激しい運動を必要とせず、リラックスした気持ちで行う健康法・ダイエット法で「デトックス効果がある」と主に女性の間で大流行していますが、男性である鶴太郎さんも激ハマりしてしまうほどですから、よほどヨガには取り憑かれるような魅力が秘められているんでしょうね・・・。

ヨガが原因で離婚している!?

ヨガにすっかり心を奪われてしまい、数年間睡眠時間は3時間、そして夜中1時に起床し4時間もヨガ・瞑想を行なっているという、完全に生活が「ヨガ中心」となった鶴太郎さん。

このようにあまりにもヨガの世界にハマりすぎてしまった結果、奥様に愛想を尽かされてしまい「ヨガ離婚をした」なんて噂も流れてしまったそうです。

実際、2017年に鶴太郎さんは奥様と離婚をしていますが、ヨガ離婚については完全否定。

ヨガを始める遥か前(30年前)から別居生活をしていたため、ヨガが直接的な原因で離婚をしたわけではないそうなのです。

鶴太郎さんが2017年にインド政府公認の「プロフェッショナルヨガ検定・インストラクター」の資格を取得した時期と重なってしまったということが「ヨガ離婚」を匂わせる原因となってしまったようですね。

スポンサードリンク

しかし、普通であればこんなにも病的にヨガ・・・だけでなく、趣味に没頭されてしまったら「奥さんに愛想を尽かされたのでは・・・」と誰もが思ってしまいます(笑)

ストイックすぎる食生活が話題に!

また、鶴太郎さんの激やせした理由はヨガだけでなく、彼がヨガを実践するようになってからの「食生活」にも理由があるそうなのです。

食事は1日1食を◯時間かけて・・・

鶴太郎さんはヨガを始めてから健康に非常に気を使うようになり、日常生活の習慣までもを改め始めるようになりました。

それが一番顕著に現れているのは鶴太郎さんの毎日の食生活。

なんと、鶴太郎さんは現在ご飯は朝食しか食べておらず、更にそれを2時間掛けてゆっくりと食べているとのこと。

仕事の関係などで外食をすることもたまにはあるそうですが、基本は朝食べる1食のみで、それ以外は余計な食事は一切しないそうです。

恐らく、ヨガよりもこの食生活が原因であそこまでガリガリな体型になってしまったのでしょうね。

鶴太郎さんいわく

「食べた物をすべて消化してから寝ると内臓への負担が小さく、2~3時間の睡眠でも十分に疲れが取れるんです。」

らしいのですが、この方法はちょっと極端すぎてあまり「健康的」だとは思えませんよね・・・。

まるで仙人!?驚きの食事内容とは・・・

更に、鶴太郎さんが食べる朝ごはんのメニュー内容はお肉や魚などの動物性蛋白質は一切摂取しないヴィーガン料理。

以前、ブログにも朝食の画像をアップしていたのですが・・・

野菜・野菜・豆&野菜・・・

ベジタリアンやヴィーガンの方にとっては至って普通のお食事なのかもしれませんが、何でも食べる私から見たら、まるで修行僧や仙人が食べているような精進料理にしか見えません。

とある日の食事メニューはこちら!

先にご紹介した鶴太郎さんの朝食画像のメニューの詳細は、以下の通り。

季節の果物

納豆・茹で落花生・ムカゴなどの豆類

野菜の料理

特注のレーズン胡桃パン

胡麻馬鈴薯パン

確かに、朝食としては体に優しく栄養バランスが整った大変健康的な食事と言えますが、これ1食以外は何も食べないのですから、1日の栄養バランス的なことを考えると少々少な過ぎにも感じられないでしょうか。

医師からはダメ出しの嵐!

もちろん、このあまりにもストイックすぎる食生活や生活習慣に医師たちからはダメ出しが連発。

以前、TBS系「名医のTHE太鼓判芸能人に余命宣告SP」に鶴太郎さんが出演した際、医師からは「腸内環境が良くない」「(睡眠時間が短いため)脳が休めていない」などの鶴太郎さんの自己流(?)健康生活に「待った」の声を掛けました。

鶴太郎さんは現在の生活習慣で125歳まで生きると宣言しているそうですが、このままだと「余命は15年」と出演していた医師に告げられることに・・・。

しかし、実際食生活云々よりも人間の身体はストレスや思い込みだけでも病気になりますし、ポジティブ思考だけでも健康にもなるなど「病は気から」という部分がとても大きいですよね。

ヨガ・健康的な食生活に生きがいを感じ、現在の生活に充実している鶴太郎さんですから、案外100歳なんて軽く超えてしまうぐらい長生きしてしまうかもしれません!

※鶴太郎さんが実践しているのは自己流の健康法であるため全ての人に効果があるわけではありません。

「ヨガ万能説」崩れる!?半月板損傷で病院へ

そんな超健康的なヨガ生活を送っている鶴太郎さんですが、2018年9月11日、半月板を損傷し入院・手術することとなったということをブログで発表しました。

2週間程前、私の不注意で撮影中コミカルな動きをしたところ、左膝がギクッと入り、そのままロックされてしまいました。
それを無理矢理、力任せに外そうと足を伸ばしたら、筋を噛んだ様な激痛走りました。
~中略~
結果は、半月板損傷。
手術が必要となりました。
ドラマ、バラエティ、ロケ等のスケジュールを調整して、オペする事になりました。

ブログでの発表後、9月21日に手術、そして現在は既に杖や車椅子を使わず歩けるまでに脚の調子は回復しています。

治りが早いのはヨガのおかげ?

↑術後一週間後の鶴太郎さん

なんとなく、60代以上の年代の方で考えるとこのような大きな怪我をしてしまうと治りが遅く、そこから寝たきり生活になり身体が弱って・・・というイメージがありますが、そんな弱りも見せずあっという間に仕事に復帰してしまった鶴太郎さん。

ネットニュースなどでは「ヨガはやはり万能ではなかった」などと言われていますが、60歳を過ぎた御老体だということを考えると、ヨガをはじめとする健康的な生活をしていたからこそ、怪我の治りが早かったとも考えられますよね・・・。

ヨガは医学的にも健康に良い影響を与えると言われていますが、チャクラや気などの神秘的な要素も兼ね備えた健康法です。

もちろん傷の治りが早かったのは「ヨガのおかげ」だとは言い切れませんが、もしかしたらヨガによる肉体年齢の若返り効果や、鶴太郎さんの「早くヨガができるよう元気になりたい」というヨガに対する熱い想いがあったからなのかもしれませんね。

片岡鶴太郎の病気&食生活について

今回は、片岡鶴太郎さんの激やせの原因、そしてヨガや食生活などの驚きの生活習慣についてご紹介しました。

鶴太郎さんは絵画に没頭していたとき3日に1枚というペースで作品を作り続けていたという凄まじい集中力の持ち主ですので、その集中力を研ぎ澄ますヨガは鶴太郎さんとかなり相性が良かったのでしょうね。

少し宗教的にハマっているようで怖くも感じますが、ヨガに生きがいを感じ、毎日修業の日々を送る鶴太郎さん。

今後、彼が「仙人」と呼ばれる日もそう遠くはないかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする