遠藤憲一の歯がない&歯並びがおかしい説の真相は?映画歯科医に出演していた?

Pocket

ドラマ「ストロベリーナイト」や映画「妖怪大戦争」など、現在までに様々な有名作品に出演してきた大物俳優・遠藤憲一さん!!

今回はそんな遠藤憲一さんの『』に関する情報にスポットを当てて紹介します。

遠藤憲一に『歯』がない説が浮上

数々の有名ドラマや映画に出演し、現在もそのキャラクターから人気急上昇中である遠藤憲一さん。

そんな遠藤憲一さんに、ある一部の方から遠藤憲一さんの『』について「ある噂」が囁かれていることが分かったのです!!

・遠藤憲一のって全部作り物だって聞いたことがある。

ある意味本当の化け物だわ。

・泣きながら遠憲さんのに疑問を持つのだ。

全部人口の歯って話だし。

遠藤憲一さんの『』は全部人口物だったのですか!?

新庄剛志も人口歯で歯がなかった

因みに全て人工物の『』であることで有名な芸能人と言えば、元プロ野球選手の新庄剛志さんが有名ですよね!!

どうやら24歳の時に500万円をかけて歯の全面治療をしたそうです。

口内大改造金歯7本500万円

」髪、「」髪の次は「」歯!?

阪神新庄剛志外野手(24)が、総経費500万円ナリの「口内大改造」に着手した。

前歯は歯並びを矯正した上で真っ白に。

さらに奥歯には1個50万円の高級な金歯7個も埋め込んだ。

旧知の歯科医に治療を申し込んだのは1996年12月

むし歯になりがちだった前歯

歯並びも悪くかみ合わせが不十分で、胃腸の調子にまで悪影響だった。

加えて打者はスイングのインパクトの瞬間、奥歯に負荷がかかることで弱っていることが多いといわれる。

そこで一度削ってセラミックをはめる「手術」を施し、12本の上の前歯は純白にリニューアルした。

真っ白でしょ。」

上は全部直したんです。

「後は下の歯ですね。」

同時に「ボロボロだった」という奥歯にも7個の金歯を入れた。

しかも、通常の10倍近い1本50万円の高級品。

奥歯もホラ、これで打つ時に食いしばれますよ」と笑顔を見せた。

歯科医院の休日を借り切り状態にして、一日6時間で計4回の即効治療

キャンプ前にあと一度、下の歯の治療を施して完結する。

総費用はシメて500万円

一般人には高価な治療費に映る。

新庄も「最初は悩みました」と言うものの、これで今季の活躍につながれば安いもの?

自身の野球のための治療と考えれば、安い方なのではないでしょうか?

流石お金持ち!!

遠藤憲一さんも『』を全て人工物に変えているのでしょうか・・・?

調べてみると、この疑惑の真相が遠藤憲一さんの『歯並び』にあることが判明したのです!!

遠藤憲一の「人口歯疑惑」の真相は『歯並び』

一部の方から『』が全て「人工歯」ではないかと囁かれた遠藤憲一さん。

実はこの疑惑の真相について歯科医の方の供述によると、遠藤憲一さんの『歯並び』が全てを語っているというのです!!

遠藤憲一さんの場合は、歯並びはそれほど悪くなく、自然歯をそのまま使っていると思われます。

綺麗にが並んでいますが、よく見ると上の歯下の歯かみあわせが良くないかもしれません。

歯根部が斜めになっている可能性も高いです。

遠藤憲一さんのは、第二歯の大きさと角度がとても特徴的です。

が全体的に短く、噛み合わせの関係もあって、やや前方に出ていると思われます。

若い頃を見ると、角度が少し違うようです。

年齢とともに、歯がぶつかって前に出てくるタイプなのでしょう。

遠藤憲一さんの歯は 天然の歯であると考えると、決して歯並びも悪くなく、色もそれほど汚いわけでもありません。

芸能人でも売れてくると、歯を治す人が多いものです。

タレントのイモトアヤコさんや、バナナマンの日村さんなどは、売れっ子になってきてからインプラントなどを使って、集中的にを治療しています。

遠藤憲一さんは自然なままを維持されているように見受けられます。

遠藤さんの場合には、強面の役者というのが売りの一つです。

人の歯の色や、歯並びというのは、顔の印象を決定づける大きな要因です。

スポンサードリンク

歯並びを悪くしたり歯を黄色くしたり、また歯の先を鋭く見せていることよりワイルドに見えるようそのまま歯をいじらずにいるのではないでしょうか。

これも、遠藤憲一さんのプロ意識の高さを表しているのではないかと思われます。

という事は『』の人工物の説はデマであったという事ですね!!

さらに、「人口歯」ではないという根拠についても語っていました。

遠藤憲一さんは、喫煙者であることは間違いなさそうですが、歯の表面をよく見てみるときちんと表面が磨かれており着色している様子はありません。

黄色く見えるようですが、これは自然な歯の色だと思われます。

日本人の歯の色は、個人差が大きい上に、自然な状態でも黄色味が強いと言われています。

黄色人種は歯のエナメル質が薄く、その下にある象牙質が透けて見えるために、歯が黄ばんで見えるようです。

黄色がよく言われていますが、赤っぽく見えたり灰色っぽく見えたりする人もいます。

遠藤憲一さんのが黄色く見えるのは、おそらくエナメル質が薄く、下にある象牙質が透けて見えているのだと思われます。

歯は外側から、エナメル質・象牙質・歯髄という三つの層に分かれています。

最も内側にある歯髄は、血管があるので赤く見えます。

その歯髄を中心に、周りを取り囲むのが象牙質です。

象牙質の部分は、薄い黄色から茶褐色に見え、年齢とともに茶褐色になると言われています。

エナメル質はその象牙質を覆うようにあり、 半透明の色です。

エナメル質の表面は、柱状の構造物になっており、コーヒーやカレーなど、色の濃い飲み物や食べ物が構造物の隙間に染み込んで、着色してしまうことがあります。

遠藤憲一さんの場合には、色ムラがほとんどありませんので着色汚れはないと思われます。

天然歯」の色であることを歯科医が言うのですから、間違いないですよね(笑)

さらに、遠藤憲一さんがホワイトニングをしているのかという問いには・・・

歯のホワイトニングというのは、大まかに分けて色素を落とす方法と、歯の表面を加工して白く見せる方法があります。

遠藤憲一さんの歯は表面に艶があり、綺麗に輝いています。

ホワイトニングをすると、歯の表面がすりガラスのように変化し、光を乱反射させることで白く見せます。

そのため歯のホワイトニングを繰り返している人は、こんなふうに歯が光ることはなかなか難しくなっていきます。

遠藤憲一さんの歯は自然なツヤがあり、ナチュラルな白さでとても感じが良いと思います。

これも含めて遠藤憲一さんの魅力と言えるのではないでしょうか。

疑惑を根の底から徹底的に否定する内容となってしまいましたね(笑)

この事から遠藤憲一さんは間違いなく「天然歯」であり、『』の治療なども行っていないことが分かったのです!!

遠藤憲一が映画『歯科医』で主演

余談ではありますが、「歯の人口歯疑惑」が囁かれていた遠藤憲一さんは2000年に公開された映画『歯科医』で主演を務めていることが判明しています。

勝目梓の同名小説を及川章太郎が脚色し、遠藤憲一と金谷亜未子主演で映画化した愛欲のドラマ。

郊外の小さな町で歯科医をしている男がふとしたことでサディズムの快楽に目覚め、妻への虐待が少しずつエスカレートして行く。

主人公にとってサディズムは単なる暴力衝動のはけ口ではなく、愛情表現の一種なのです。

冷えかけていた夫婦の愛情関係は、嗜虐の快楽に目覚めた夫と、被虐の快感に酔いしれる妻との間で新たな高まりを見せ始める。

妻をなぶることで愛情を伝えようとする夫と、その愛情を全身で受け止め喜びに浸る妻

より大きな苦痛を与えることが愛情表現であり、より大きな苦痛に耐えることが愛情表現であるという倒錯した関係の中でふたりの行為はより大きな危険を求めはじめる。

行き着く先にある「」を意識しながら、ふたりは「」以上に残虐な何かを探し求めていく。

主人公の歯科医が、事件の一部始終を検事に供述するのに合わせ、過去の出来事が回想されていくという構成。

映画の冒頭から、観客は主人公が犯罪を犯したことを知っており、やがてそれが殺人事件であることを知らされる。

きっと彼がは、SMセッ〇スのはてに妻を殺してしまったのだろう。

誰だってそう予想し、この予想は当然のように的中する。だが話はそれだけではない……。

物語は面白いし、脚本もよく考えられていると思う。

愛欲の果てに夫が妻を殺してしまうという展開には必然性があるように感じられるし、エピソード同士のつながりも自然でぎこちないところはない。

遠藤憲一さんのファンや、遠藤憲一さんが好きな皆さんもこの映画を一度見てみてはいかがでしょうか?

ファンには特におすすめの作品です!!

関連記事

強面の容姿なのにコミカルな役も演じるギャップが魅力的な遠藤憲一さん。 そんな彼ですが、有名な宗教グループ『創価学会』に所属して...
強面俳優の遠藤憲一さん。 実は若い頃はかなりのイケメンだったということはあまり知られていないようです。 今回は、遠藤憲一...
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする