貴乃花が病気で余命宣告?病名はがん&てんかん?目&顔つきがおかしい理由は精神疾患?

Pocket

第65代横綱となり、引退後は親方として貴乃花部屋での稽古場を設け相撲界の理事長にまでなっていた貴乃花親方!!

今回はそんな貴乃花親方の『病気』&『病名』にスポットを当てて紹介します。

貴乃花親方の顔つきがおかしいと話題

相撲界で第65代横綱に君臨し活躍して話題となった貴乃花親方。

そんな貴乃花親方に、相撲ファンから「あることが話題になっていることが分かったのです!!

・貴乃花親方ちと痩せすぎじゃね?身体大丈夫なのか?

・貴乃花親方どしたん…痩せすぎというレベルじゃないような…

・貴乃花親方、気持ち悪いくらい痩せすぎ

確かに横綱の引退後はかなり「激やせしてましたからね・・・。

こちらが話題となった貴乃花親方の「激やせの画像です。

ヤバいですよね。

因みに、当時「激やせぶりが話題になった女優・宮沢りえさんは『ストレス』が原因で拒食症になったことが有名ですよね!!

1973年生まれの43歳。11歳でモデルデビューし、トップアイドルとして活躍。

現在は演技派女優として様々な作品に出演しています。

そんな宮沢りえさんの激やせが話題になったのは1994年。

ちょうど21歳頃ですね。

ゴルフコンペに参加したときの姿があまりにもガリガリで衝撃を与えました。

以前はふっくらしてて可愛かったのですが、骨と皮だけになってしまいました。

なんでも体重は30kg台だったと言われています。

原因は心労だと言われていますね。

1992年に貴花田(現・貴乃花親方)と婚約したものの母親の反対により破局

その後、傷心の宮沢さんを支えた歌舞伎俳優・中村勘三郎さんとの不倫

そして、自〇未遂騒動

度重なるストレスから拒食症になってしまったそうです。

ちなみに現在もとても痩せていますが、ジムに通って定期的に運動をしたりピラティスをしたりと健康的に体型維持をしているようですね。

ストレスは人間が誰しも抱えるもの。

我々も他人ごとではないのです!!

では、貴乃花親方の『顔つきの激変』の原因は一体何なのでしょうか?

この件について調べていくと、貴乃花親方に「ある病気」の可能性が囁かれていることが判明したのです!!

貴乃花親方に余命付きの『がん』の病気説

横綱の引退後に、『顔つきが激変』したことで相撲ファンから心配の声が相次いだ貴乃花親方。

さらに、この貴乃花親方の『顔つきの激変ぶり』に「ある病気」の説まで囁かれていたのです!!

・貴乃花親方の風貌が話題。頬がげっそりとこけ、うつろな視線・・?もしかすると年内までとか?

・あれは絶対病気だろう・・たぶん年内危ないと思われる貴乃花。

・貴乃花もかな〜?と思う(´・ω・`)余命付きだったりして。

がん』なのかどうかは定かではないですけどね。

ですが、貴乃花親方のあまりの「豹変」に余命付きでの『がん』の可能性まで囁かれたのです。

相撲界の『がん』と言えば、貴乃花親方の父親である元大関の花田満さんも『口腔底癌』で亡くなられているのです。

小兵の大関として人気を集め、史上初の兄弟同時横綱「三代目若乃花・貴乃花」を育てた日本相撲協会理事の二子山満(ふたごやま・みつる)親方=元大関貴ノ花、本名・花田満(はなだ・みつる)=が30日、東京都内の病院で死去した。

元横綱・初代若乃花で元同協会理事長、花田勝治さん(77)の実弟

長男勝さん(34)は三代目若乃花、二男光司さん(32)は貴乃花(現貴乃花親方)

舌と下の歯茎の間にできる「口腔底(こうくうてい)がん」のため入院・長期療養中であることを今年2月、貴乃花親方が書面で公表。

入院治療を続けていたが、快方に向かうことはなかった。

55歳というあまりにも早い貴乃花親方の父親のは、角界だけでなく世間にも衝撃を与えましたね。

さらに、亡き父・花田満さんの兄である花田勝治さんも『がん』で亡くなられているのだそうです。

満さんの兄、つまり、貴乃花さんからしたら「叔父」にあたる「初代若乃花」の花田勝治さんも「腎細胞癌」で命を落としました。

この事を知っていた相撲ファンは『がん』が遺伝性が強いことを知っていたために、『激変』した貴乃花親方にもその可能性を示唆していたのです。

もちろん、今現在、貴乃花さんが「病気」に侵されていて、病名は「がん」であるという様な情報はありません。

とのことですが、一体今後どうなっていくのは予想がつかないですね…

貴乃花親方の余命付きの『がん』説に関して調べていくと、この疑惑には「もう一つ囁かれている疑惑」と共通している可能性が分かったのです!!

貴乃花親方が『てんかんの病気』で倒れる?病状は?

統合失調症」を患いながらも、親方としての責務を果たしてきていた貴乃花親方。

そんな貴乃花親方が、2018年8月21日に救急搬送されていたことが分かったのです!!

大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱、本名・花田光司=が21日午前10時すぎ、秋田市内で開催中の夏巡業の稽古中に力士を指導している際に倒れ救急車で運ばれた。

関係者によると救急車が到着した時には意識を回復したといい、病院で治療を受けているという。

関係者によると、貴乃花親方はまわし姿で股割りをしている時に心臓を押さえて倒れた。

救急車が到着し、ストレッチャーに乗る時には問いかけに「大丈夫、大丈夫」と答えた。

検査を受けるため、数日は入院する見通しという。

貴乃花親方は弟子の貴公俊(たかよしとし)が今年3月の春場所中に起こした暴行問題の監督責任などで最も低い「年寄」の階級に降格する処分を受け、審判部に配属された。

夏巡業には審判員として同行していた。

統合失調症」もあって、ストレスが重なったのではないでしょうか?

ですが、その後のメディアの報道で不可解な点が見受けられました。

痙攣をおこして倒れ込んだ。

目を見開いていたが体を動かすことが出来ず、痙攣を起こして意識を失った

言われてみると不可解ではありますね・・・。

一部の相撲ファンからは、貴乃花親方の今回の救急搬送は『てんかん』の発作ではないかという見方を示す方も多かったそうです。

・貴乃花親方てんかんなのかな。症状がてんかんっぽい。

・貴乃花親方、ニュースで見る限りてんかんっぽい症状。寝不足とか注意やね。

やはり貴乃花親方の『てんかん』説は本当なのでしょうか?

てんかん』について調べていくと・・・

てんかん発作は、突然起こり短時間で突然消失することがほとんどです。

通常は数十秒から数分以内で消失します。

また重要なことは全く同じ形(発作症状)で繰り返すことです。

人によっては一生に1回のみの発作を生ずる場合がありますので、2回以上くりかえす場合をてんかんと診断することが一般的です。

このてんかん発作には様々な形があります。

最もよくみられるものは全般性けいれん発作(正式には全般性強直・間代発作と呼びます)で昔、大発作と呼ばれていたものでその他にも欠神発作のように10-30秒程度ぼ−っとした状態(欠神状態)のみで終始するものもあります。

また部分発作と呼ばれる脳の一部分のみ が異常興奮する場合には体の一部分のみに運動、感覚異常が見られます。

このようにてんかん発作は大きく全般発作(最初から脳全体が発作を起こす)部分発作(脳の一部分から発作がおこる)に二分されています。

主治医の先生からは、てんかん発作がどのような発作であったかよく聞かれると思います。

スポンサードリンク

てんかん発作は、てんかんの診断・治療方針を立てる場合に重要な手がかりを与えてくれますので発作の症状をよく観察しておくことは重要なのです。

とあります。

貴乃花親方がこの症状に出くわしたのは、まだ1回目

恐らく、今の段階では「てんかん」であることは立証されない段階なのです。

さらにこの疑惑について、貴乃花親方の母親である藤田紀子さんの供述で真相が明らかとなったのです!!

「病院でも心臓・脳などかなり詳しく検査していただき、何にも問題ないと診断をいただきました。」

「数日前より軽い風邪気味はありましたが、気にする程でもなく炎天下で弟子に稽古付けていたため熱中症を起こしたようです。」

「一瞬めまいがしてそのまま倒れたようでどうしたのかと思う次第でした。」

巡業途中でご迷惑おかけし皆様にはご心配おかけして誠に申し訳なくご報告申し上げます」

熱中症だったのですね!!

この事から、貴乃花親方は『てんかん』などではなく熱中症疲労困憊から倒れたという事実が判明したのです。

癌やらてんかんやらと色々な噂が囁かれている貴乃花親方ですが、実は精神疾患の疑いもあるようなんです…

貴乃花親方が『精神疾患』で「目がおかしい」説

前述で話した『顔つきの激変』で相撲ファンから囁かれた「病気説」でしたが、この「病気説」に共通してもう一つ貴乃花親方にはある疑惑が囁かれています。

最近の貴乃花って目がいってる気がする。

・貴乃花親方大丈夫?メディアに出てる時も、目が凄く疲れてる感じだけど・・・。

・貴乃花親方って精神疾患とかじゃね?

色々ありましたもんね。。。

この件について調べていくと、前述の『顔付きの激変』と『目つきの変化』から貴乃花親方の一連の疑惑は「統合失調症」であることが分かったのです!!

貴乃花親方の様々な一連の疑惑に関して調べていくと、統合失調症の症状に当てはまる部分が多い。

激やせ目つきもそう。可能性でなく、間違いなく統合失調症です。

統合失調症」・・・あまり聞きなれないですよね。

この件について調べると、「統合失調症」の症状として3つのタイプがあるそうなのです。

・3つの病型

統合失調症は、症状の現れ方や経過などから、破瓜(はか)型緊張型妄想型の3タイプに大別されます。

ただしこれらに分類できないタイプも数多くあることから統合失調症は単一の病気ではなく、複数の病気の集まりではないかとも考えられています。

<破瓜型(解体型)>意識低下や感情の平板化が中心

思春期から青年期にかけて発病することが多いために破瓜型と呼ばれます。

最初に感情の起伏がなくなったり意欲が減退するなどの陰性症状が現れ、その後徐々に陽性症状が出てきます。

症状は慢性化することが多く、人柄が変わってしまうなど予後はあまりよくないとされています。

<緊張型>極度の緊張や奇妙な行動が特徴

青年期に急に発病します。大声で叫んだり、奇妙な姿勢をとるなどの緊張病症候群や行動の異常などがみられます。

多くは数カ月で消失しますが、再発もまれではなく再発するたびに破瓜型に似た病像に変化していく場合があります。

ただし、人柄が変わってしまうことは少なく破瓜型よりは予後はよいとされています。

<妄想型>幻覚や妄想が中心

破瓜型緊張型よりも発病年齢が遅く、多くは30歳前後に発病します。

幻覚や妄想が中心で、陰性症状はそれほど現れません。

対人コミュニケーションは比較的良好に保たれていることが多く、人柄の変化もあまり目立ちません。

予後はよいとされています。原因としては現在も明確には分かっていません。

ですが統合失調症の人には一定の性格傾向があることが知られています。

たとえば内気でおとなしく、控えめ・神経質なところがあるかと思えば無頓着であったり傷つきやすいなどの気質です。

人と交わるのが苦手で、一人でいることを好む傾向もしばしば見られます。

これらはすべての人に当てはまるわけではありませんが、発症と何らかの影響があるのではないかと考えられています。

この症状を考えると、「うつ病」に近しい症状なのですね・・・。

そして貴乃花親方は「統合失調症」の緊張型であることが、過去の奇行によって判明しているのです。

大相撲の理事長選は続役に強い意志を燃やす八角理事長と、元横綱の貴乃花親方との一騎打ちとなりました。

今回は貴乃花親方が落選していましたが、あるメディアでは今回の理事長選について貴乃花の取った「ある奇行」と題して報じています。

あるスポーツ紙に、理事長選への立候補を宣言するために『声明文』を掲載したという事なのです。

言ってみれば一般読者への意味のないアピールだったという事なのですが、その内容を抜枠するとこんな内容でした。

「私が今回の理事長選に立候補の目的は、北の湖前理事長のに報いるため。」

「これが最初で最後の勝負で、2度と理事長選には立候補しない。」

これらの内容が紙面に掲載された時期が、場所のハイライトとなる「横綱白鵬 対 稀勢の里」という重要な時期と重なったこともあり首をひねる方も多かったそうです。

一部の話では、これまでも貴乃花親方は「要職」に就きたいという思いが元々あったようで、そのことがストレスとなり激やせしてしまったのではないかという見方が強いのです。

理事長選落選後のインタビューでは「肩の荷が下りた」とも話されていましたが、本心かどうかはわかりません。

そんな貴乃花親方を心配される角界の関係者も多いようです。

横綱引退後から、精神的に追い詰められていたのかもしれません。

さらに貴乃花親方の「ある癖」が、「統合失調症」の薬の副作用であることも分かったのです!!

貴乃花親方の『目を見開く癖』は薬の副作用

一連の疑惑が「統合失調症」が原因であることが判明した貴乃花親方。

そんな貴乃花親方が以前から見せている「ある癖」も、「統合失調症」の患者に見られる副作用の一種であることが分かったのです!!

2018年9月25日に貴乃花親方が相撲界の引退届提出に関する会見で、目を薄めたり怖い印象を覚えた方も多かったのではないでしょうか?

この会見時だけでなく過去にもこのような行動が見られた貴乃花親方ですが、時折目を薄めたりいきなり見開いたりするのは統合失調症の患者には多いのです。

というのも、統合失調症に処方される薬の副作用ぼんやりした表情こわばった表情を作ってしまうからなのです。

納得です。

2017年の年末には自身の部屋の弟子である「貴ノ岩」さんが、元横綱・日馬富士さんに暴行される騒動もありました。

大相撲で品格を求められる横綱が暴力事件を起こしました。

元横綱日馬富士関(伊勢ヶ浜部屋)が巡業中、同じモンゴル出身の幕内貴ノ岩関(貴乃花部屋)酒席で殴り頭にけがをさせたことが判明。

引退に追い込まれた元横綱は傷害罪で略式起訴され、鳥取簡裁から罰金50万円の略式命令を下されました。

暴行現場に同席した横綱白鵬関(宮城野部屋)や親方衆も日本相撲協会の処分を受けました。

この報道は連日の間、様々なメディアで報道され続けていましたもんね・・

さらに2018年3月には、貴乃花親方の「貴乃花部屋」でも暴行事件が起こったのです。

エディオンアリーナ大阪で開かれている大相撲春場所の支度部屋で十両貴公俊(たかよしとし)関付け人の力士に暴力をはたらいた問題で師匠の貴乃花親方が19日、京都府宇治市内の貴乃花部屋で取材に応じ…

深刻な問題。

「どんな理由であっても暴力するのはあるまじき行為」と語った。

貴乃花親方はこの日の午前5時45分ごろから朝稽古に姿を現し、約1時間15分にわたり幕内貴景勝関らを指導。

貴公俊関は稽古に参加しなかった

親方としての責任に「統合失調症」を患っていた自身の精神面が追いつかずに、悪化してしまったのでしょうね。

さらに貴乃花親方は2018年の8月に救急搬送され、「ある病気」の疑惑も浮上していたのです。

引退後の行方が気になる限り・・。

今後の貴乃花親方の動向から目が離せません!!

関連記事

第65代横綱として話題を呼び、現在も騒動で何かと話題を呼んでいる貴乃花親方!! 今回はそんな貴乃花親方の『宗教』や『嫁』の情報...
貴乃花親方のお嫁さんと言えば、元アナウンサーの河野景子さんですよね。 アナウンサーから相撲の世界に飛び込んで一生懸命貴乃花親方...
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする